こうやって選ぼう!脱毛方法を決める際の注意点

脱毛方法は時期的な視点をもとに選ぼう

脱毛には生え際の見た目を整えるものからムダ毛処理、さらには永久脱毛など様々なものがあります。そうした中から自分が意図するものを選んで施術を受けることになりますが、どのような脱毛方法を選べば良いのかで悩んでしまうことは多々あります。そのような場合は、時期的な視点からどのようにしたいのかを考慮するようにすると、適切な脱毛方法を選ぶことができます。まずは自分がどのような目的で脱毛するのかを考えておくと良いでしょう。

短期的な視点からの脱毛

明日人前に出る場合など、短期的に成果を求めるような場合の脱毛は単純に毛を抜くような脱毛が適当です。脱毛すると基本的に肌が痛んでしまいますが、毛が薄い部分は毛抜きで、濃い部分は除毛クリームなどで脱毛すれば肌へのダメージを最小限に抑えることができ、処置後に人前に出ても全く気にならない仕上がりにすることができます。一方で、発毛能力を奪うような処置ではないため、毛が生えてくる度に処置しなければなりません。

長期的な視点からの脱毛

レーザー脱毛のように毛包細胞を焼いて発毛能力を奪うような永久脱毛の場合は、完全に以後のムダ毛処理から解放されます。ムダ毛処理にかかる器材の購入なども必要無くなるため、長期的な視点から見た費用についてもアドバンテージがあります。しかし、自分の手で行うことはほぼ不可能な反面、1回の施術で全ての毛を抜き去ることはできないため、何度も病院やサロンに通う必要があります。また、永久脱毛直後は肌が荒れてしまうため、すぐに人前に出ることは難しいのが現状です。将来的には大きな利点を持っているため、よく吟味して施術を受けるかどうか決めたい所です。

医療脱毛を新宿で行いたいなら施術時の痛みを軽減してくれて肌質に合わせた機種を選択できるおすすめのクリニックがあります。

You may also like...