長生きするためには歯磨きの習慣をつけよう!

意外と大事な歯磨きの習慣!

どのように歯磨きをすればよいのかということは、つまらない問題のようにも思えますが、意外と大事なことなのかもしれません。というのは、最近の研究では、従来は血管や心臓・肺等の重篤な病気による死亡とみなされていたものが、実は虫歯がその根本原因であったのではないかという驚くべき事実が発表されているからです。では、虫歯にならないためには、どうすればよいのでしょうか。その答えは、残念ながら、歯磨きをするということなのです。

正しい歯磨きの習慣とは?

これだけ科学が発達している時代にあって、歯磨きしか対処方法がないというのは、ちょっとガッカリしてしまいますが、それなら正しい歯磨きの習慣をつけるしかないでしょう。それでは、どのような歯磨きをすれば良いのでしょうか。まず、歯が汚れた時に歯磨きをしなければいけないというのは、誰でも判る原則です。ですから、食後に歯磨きをするという習慣をつけるべきだと言えるでしょう。また、夜寝る前に歯を磨くというのも良い習慣です。

寝る前の歯は清潔に!

というのは、夜寝ている間に、歯のばい菌は増殖しやすくなっているからです。もちろん、食後にちゃんと歯を磨いていれば、寝る前に改めて歯を磨く必要もないと言えますが、食後から寝る前までに、甘い飲み物を飲んだ場合などは、念の為もう一回寝る前に歯を磨いておくとか、うがい薬で歯の中をきれいにしておくというのも効果的だと言えるでしょう。それから、どのくらい歯を磨けば良いのかという点ですが、3回ぐらい繰り返して磨くと効果的だと言えます。

根管治療とは、歯の神経の通っている管・根管を洗浄して綺麗にする治療のことです。むし歯になって神経を取らなければならなくなった時に行います。

You may also like...